CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
大新宿区を走りながら願掛けをしてしまう。
text by uematsu
新宿区が主催する『新宿シティハーフマラソン』に参加してきた。このマラソンレースには出たい出たいと思っていたのだが、いつも人気があって、すぐに定員一杯になり締め切られてしまう。今回は、新宿区民優先枠を利用して申込み、やっと念願の出場を果たしたのだ。
さすがに新宿区が主催するだけあって、新宿区長やその他お偉いさんが次々とご挨拶。そして、その後、「新宿区の歌」が全員で合唱されるのである。といっても、だれも新宿区の歌なんて知らないので、合唱団が歌うのをみんなで聴いているだけなのだが……。その歌詞の中で「新宿」は「大新宿区」と歌われる。文化、交通の要としての新宿を褒め称えるために使われている名称が「大新宿区」。大きいことはいいことだ、ということなのだろうか。なんとなく、感覚的なずれが感じられて面白い。
さて、レースは代々木の国立競技場をスタートして、四谷から新宿高島屋周辺を2周回るコース。なかなかにアップダウンがあって、それなりにきついコースだが、普段走れない場所を走るのはそれだけで楽しい。東京マラソンがなかなか当たらないので、ここで少し溜飲を下げることができた。
この一年、正直走ったり走らなかったりを繰り返していたので、もしかしたら、途中リタイアかも、という不安もあったが、完走はできた。10キロあたりで、すでにちょっと苦しくなった時には、なぜか「もしリタイアしたら、いまの仕事を辞めよう」などと考えてしまい、今度は考えてしまったことに焦ってしまい、余計に苦しくなってしまうと言う訳のわからない展開。僕は子供の頃から、どうもこんなことを考える癖がある。かくれんぼをしていて、見つからなかったら将来いいことがある。今日、家に帰るまでに猫を見かけなかったら怪我をする。そんなことを思いながら、急に緊張感をみなぎらせてしまう。我ながらほとほと疲れる癖を持ったもんだと思う。
というわけで、たかだかハーフマラソンなのに、後半は人生をかけたレースのようになってしまい、いろんなことを走馬燈のようにぐるぐると思い浮かべながら走ることになってしまった。
結果は、2時間を超えるとても遅いペース。しかも、息が上がって、ふらふら。それでも、完走できたので、願掛け通り仕事を続けざる得なくなったわけで……。僕の深層心理において、本当はどっちだったんだろうかと、せっかくハーフマラソンを完走したのに、頭の中がもやもやしている。
| ランニング | 09:26 | comments(0) | - | pookmark |
ハーフマラソン
いよいよ今度の日曜日は新宿シティハーフマラソン。数年前から、1年間にフルマラソン1本とハーフマラソン1本の合計2つのレースに出ていたのだけれど、この丸1年、レースは欠場していた。仕事が乱高下するのと比例するように気持ちも乱高下して、「走ろう」という気持ちになれなかった。もちろん、気持ちだけではなく、ちゃんとトレーニングしてないので、自信もなくなり、レースから逃げていたという感じだ。
で、その状況はまるっきり変わらないのだけれど、このままではいかんなあ、という気持ちになってきた。なので、マラソンを始めてからの最高体重で、マラソンを始めてからの最低走距離で、1月30日の新宿シティハーフマラソンに臨みます! もちろん、健康第一で、リタイア覚悟。いままで、フルでもハーフでもリタイアしたことはありませんが、気持ちを軽くして走りたいと思います。
| ランニング | 10:19 | comments(0) | - | pookmark |
またまた、落選
うぐぐ、毎年恒例となった東京マラソンの抽選発表。
今年も見事に落選しました(泣)。
なんか、本当にこの大会とは縁がないなあ
| ランニング | 21:33 | comments(0) | - | pookmark |
隅田川
嫌なことがあると、僕の場合は走る距離が長くなってしまう、という癖があります。三連休中の日曜日。ちょうど雨もあがり、気温もそれほど高くなくちょうどいい気候だったので、ふらふらと走り出しました。そんでもって、なんかいろいろ考えていたので、ついついいつものコースを外れ、皇居を素直に1周回らずにそのまま銀座へ。歩行者天国で賑わう銀座の大通りはさすがに走りにくいので、そっからまっすぐ築地方面。さらにさらに勝ちどき方面へそれて隅田川沿いに。隅田川の川岸は綺麗に舗装されていて、腕を組んで語り合うカップルやリタイヤしたような老夫婦や楽器の練習をする若人など、いろんな人で賑わっていました。僕と同じようにジョギングを楽しむ人もいますが、みんなゆったりとしたペースで川を眺めながらのゆっくりラン。
こんな感じで、ふらふらゆらゆら走っていると、結局ハーフマラソンと同じ距離をウロウロしたことになってしまい、さすがに神楽坂に帰り着く頃にはちょっと疲れ気味。だけど、新しい景色の中を走ったことで、なんとなく得した気になるのでした。ま、いちばんいいのは憂さ晴らしが出来たことかもしれませんね。
| ランニング | 09:20 | comments(0) | - | pookmark |
皇居を走る。
皇居を走るときは、
「歩く人 > 走る人 > こぐ人」ということを
重々理解してほしいと強く思う今日この頃です。
歩行者の間をすり抜けるランナーは危ないし、
ランナーと歩行者の間をすり抜ける自転車はさらに危ない。
いや、ほんと。自戒も込めて。
そうしないと、その内、ランニング禁止になっちゃうよ。
| ランニング | 09:21 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/5PAGES | >>